a graphity war _ 墙上的战争 壁の上での戦争 / Thailand / 2015




Iasked a friend to draw weapons and then battle each other by drawing. Itis for to confirm about knowledge of weapons, and u can see how do we havedistance between visual and real war at the place that is no war recently.  


在现场我问朋友在黑纸上打战。通过这制作中,制作者和观众能感觉到对战争的亲身的了解度,同时感觉到本来收到的媒体和关于战争的事物关系。这绘画方式是接近原来壁画概念。通过这工作,把原来壁画的概念运到现代。


友人を誘い、チョークで壁に自分の所持する武器を書き、戦争ごっこをした。

描き込むことで自分の武器に対する知識を確認でき、また生活空間に描き込むことで

今自分の取り巻くメディア・ビジュアルと実際に起こっている

(もしくは生活の延長線上でどこででも起こりえる)本当の戦争との差異を感じ取ることが出来る。