《 Sacrifices_牲 》贄 2014




 核はその危険性や暗黒さのイメージから、人々を一気に戦慄させる力を持っており、人類共通の問題となって立ちはだかっている。

放射能という「皮膚感」をすり抜けた得体のしれない感覚は、直接身体に働きかける。

 動物の死体はそれ自身で私達に交流している。家畜は中国語で牲畜」と書く。この」は大きな力に対しての生贄の意味を持つ。

犠牲になった動物はそのまんま大きな力に対しての生贄になった訳で、その関わりは「身体性が崩れるような感覚」と非常に強いリンクがある。なので、その生贄を記念に描いてみた。


ーーー福島の原子力発電所の周辺には、牛を飼っている農家が多かった。農家の人々は避難を強いられたが、その避難が想定以上に長引くと、放置された牛の一部は餓死してしまう。その後、高齢者を中心に、生き残った牛たちの元に戻り、面倒を見る人々が現れた。もちろん、被爆した牛たちの肉や乳を売ることは禁止されている。

それでも彼らは今も牛たちを育て続けている。

 作品「牲」は、そんな「生き残りの牛たち」を描いた作品。「牲」とは、「家畜」という意味と同時に、「生贄」という意味ももつ言葉。……作品は、牛たちがいったい何の「牲」なのか、という問いとともに、無辜の弱者が最大の被害を受けているという残酷な現実を否応なくつきつける。損得勘定を捨て、「ひたすら弱き命を労わる行為」のもつ意味を考えるとき、人の本能、傷を癒そうとする行為、加害者と被害者の境界などをめぐる思考が促され、やがて人類をふくめた生けるものすべてが生贄になり得る現実に気づき、戦慄が走る。                                 ーーー集広舎サイトページ「北京の胡同から」多田麻美氏




因为它的危险和黑暗,“核”有了让人一下子感到冷漠的力量,这无法控制的巨大能量是全人类面临的共同问题。

核辐射,这不伦不类的东西能够和恐惧感一起透过“皮肤”(体感)到皮肤下的身体,造成非常直接的身体体验。


2011年3月11日日本发生大地震后引发了福岛的核泄漏危机,在福岛核电站周围方圆20公里都属于是禁止进入的警戒区域。

在这一区域原来有好几个牧场,因为主人远走避难,多数的牲畜都被留下了。在无人照顾的状态下,这些牲畜有的跑散了,有的被关在畜舎里饿死了。后来,开始有志愿者愿意进入警戒区照顾它们。


“牲”除了是指家畜,更是同“牺牲”的“牲”一样有着祭祀的含义,但原本对神灵的祭祀在核危机下简单粗暴的变成了因人祸而牺牲的生灵。动物的尸体是很直接很原生的。它们已经没有身份或立场等假面,没有任何秘密或谎言。

通过在福岛牺牲的动物,我想用美的方式传递真实的恐惧,表达自己切身感到的这“直接的身体体验”。