《 Qian Mo (crisscross footpaths between fields) _ 阡陌 》/ Beijing / 2014




这白纸是钱纸。葬礼时在空中散的。一路千张。

(在广无垠的田野上,日出而作日落而息一情景需要一个描述空架构的词语来概括:千百”。本指“把一昼夜均衡划分一百刻,在日出刻,终计点在下一个日出之前那一刻转义为太阳升西落转义为西方向。“千”指“人作息的目的是生存繁衍。根据“南生北死”的念,千”特指“人起步朝南走”。“千”转义为南北方向”。于是大地棋化的田地上就出了南北向的田阡”和西向的田陌”。在“阡陌上行走的人就叫“千”。)


 这白纸是多样的钱纸里最简洁而抽象的形状。我觉得,它是最有审美感的钱纸。我使用这纸来做多面体(八面体和十二面体)。

它是一个三的多胞形,而在更新的意上它是任何度的多胞形有界或无界推广。就表达宇宙。


---中国ではしばしば、死者を弔う際にあの世で使うように、と紙銭が焼かれる。清水さんはそんな各種の紙銭の中から、もっとも原始的でシンプルな形のものを選び、それを多面体になるよう張り合わせた。「球(たま)」と「魂(たましい)」のイメージを重ね合わせたインスタレーション、「阡陌」シリーズだ。

個展そのものの名も「阡陌」。その理由を清水さんはこう説明する。「この銭紙は葬列が進む時に道に撒くのですが、『一路千張』ということで、千枚一セットで売ってるんです。そこで、『千』の字の由来を調べている時に、この字自体に阡陌の意味があると知ってこのタイトルにしました」。

ー集広舎サイトページ「北京の胡同から」多田麻美氏

※「阡陌」は田のあぜ道の十字路。死者を弔う道行き、十字路で人々はこの銭紙を撒く。


「阡陌」一部(張全撮影)


 另一个方面,球的日语是“ta-ma”,灵魂的日语是“ta-ma-shi-i”。所以,这多面体(因为有曲面,也看打出来球形)本身也表达灵魂。

所以对我来说,白钱纸是中国审美的灵魂符号,球体是日本审美的灵魂符号,这灵魂回到宇宙(或集体潜意的意思。


一方、玉は日本語で「たま」。これは「たましい」の意味もある。なのでこの多面体の玉には、魂という含意がある。

魂を表す中国・日本の審美性が一緒になった白い紙の玉。多面体は有界と無界の狭間を拡散していき、概念的に宇宙に続いてもいる。